開業祝いにはどんな花が人気なの?

日常、花がお祝いとして贈られるシーンは実にたくさんありますが、ビジネスの新たなスタートを祝う開業祝いもそのひとつです。開業は、単に仕事としての発展や成功ばかりではなく、開業される方が社会的な責任を背負って立ち上がる大舞台でもありますから、それに相応しいものを選ぶべきでしょうね。ご存知の通り、それぞれに独自の意味や言葉を持っています。そういった背景をあまり考慮せずに選ぶと失礼にあたるケースもありますから、ただ好きなものを選べばいいというわけではなく、多少の配慮は必要になることを覚えておきましょう。お相手の成功と繁栄を祈りつつ、それに相応しいフラワーギフト選びで、大切なご友人や知人、ご親戚の晴れの門出をスマートにお祝いしたいものですね。

開業の祝いと言えば胡蝶蘭が人気です

開業祝いと言って一般的に真っ先に思いつくものと言えば、大輪の胡蝶蘭ではないでしょうか。胡蝶蘭はラン科の植物で、見た目の豪華さや華やかさ、気品あふれる佇まいから、お祝いの場には大変人気になっている種類です。長持ちで香りが少ないことから、強い香りが苦手な方でも楽しむことができるという特性を持ち、例えば飲食店などでも安心して置いておくことができそうですね。更にこの種類が喜ばれる理由には、花言葉が「純粋な愛」「幸福が飛んでくる」という開業にはうってつけのものということがあり、新規開店のお店などに行けば、よく見る品種として記憶されている方も多いことでしょう。金額の相場は3000円くらいから数十万円のものまでありますが、贈りたい方との関係などを考慮して選ぶと良いのではないでしょうか。

フラワースタンドやアレンジメントでお祝いムードを演出

そのほか人気になっているのは、フラワースタンドやアレンジメントです。こちらも新規開店のお店の前を彩っている風景を日常よく目にする機会がありますから、一般にお祝いを贈ろうとすると、胡蝶蘭に続いてすぐに思いつくものかも知れませんね。意味を考えて特にこだわりのある品種を入れたい場合は、その旨をお伝えすれば大抵のフラワーショップでは要望に応えてくれます。ただし在庫がない場合もありますので、お祝いまで日数があるときは、事前確認や注文をおこなっておくと良いでしょう。自分で花を選ぶ場合は、開業祝いの場合、赤を入れないようにするのがポイントになります。赤い色は「火事」や「赤字」を連想させるため、特に会社やビジネスの門出には相応しくないという風潮があるそうです。どうしても不安な場合は、用途と予算を伝えればプロの目で選定した最適のアレンジを整えてくれますから、無理せず頼ってみるのも良いですね。

ご注文可能時間は10:00~17:00まで。このお時間内にご注文をいただければ、3時間以内にご指定の場所にお届けいたします。 「大切な記念日をうっかり忘れてしまった」「急に花束を準備しなければならない・・・」など、急いでお送りする必要が出たときなどもお任せください。 当店は花の宅配サービスでは実績があり、リーズナブル派からこだわり派まで、満足できる品ぞろえを用意しています。 開業祝いに喜ばれる花をチェック