お客様にも喜ばれる開業祝いの花

開業祝いの品、何を贈ろうか良い品物が思いつかなかったり、お金や商品券は味気なく感じてしまうのであれば花がおすすめです。新しくできたばかりでまだ殺風景なオフィスを華やかに演出してくれます。開業までこじつけたことへのお祝いの気持ちと、将来的にも新たなステージに立った相手への応援の気持ちを込めて贈りましょう。ただ、開業したばかりの忙しい時期に水やりをしたり、枯れてしまった鉢を片付けたりなんて暇は全然ありません。相手にとって手間のかからないもの、というのが第一条件です。一般的には胡蝶蘭が贈られることが多いですが、最近ではブリザーブドフラワーなども人気です。それぞれに選び方や選ぶことによるメリットというのがあるでしょう。

定番の胡蝶蘭は喜ばれるでしょう

蝶が舞うような華やかな見た目を長い時期楽しむことのできる胡蝶蘭は開業祝いの定番です。お客様にも喜ばれるでしょう。選ぶ際に、赤色というのは火事や赤字を意味して縁起が悪いので白や、他の企業よりも目立たせたいというのであればピンク色を選ぶといいでしょう。メッセージカードではなく立て札を付けるのが一般的です。店頭に並べておけば目立つので自社のアピールにもつながります。立て札の書き方についてもルールがありますが、お店で注文する際に開業祝いであることを伝えておけばきちんとしたものをつけてもらえるでしょう。ただ、花の大きさや数により金額が変わるのでそれほど予算がないというのならやめた方がいいでしょう。他の鉢と並べたときに明らかに見劣りして見えてしまいます。

最近おすすめのブリザーブドフラワー

まったく水やりする必要なく置いておくだけ。しかも長い期間楽しむことができるためブリザーブドフラワーも喜ばれる贈り物です。飲食店やクリニックなどの場合、清潔感が望まれます。ブリザーブドフラワーなら虫がつくこともなく、匂いもしません。胡蝶蘭と違い、器や花の種類によってかわいらしいもの・シックなものなどいくらでもアレンジすることができるのでお店の雰囲気にあったものを選ぶことができます。ただ、特殊加工をすることから料金は高めの設定となっています。生のものを購入するよりは同じ料金ならこじんまりとしたものになってしまうため注意が必要です。あまり飾っておくような場所はないというときに、小さくかわいらしいものを贈るというのもいいでしょう。相手のオフィスにピッタリのものを贈ることで喜ばれるようにしましょう。