開業祝いに欠かせない花その効果とは

お店の開業祝いに花が喜ばれるのは、送る側からすれば、仕事上の付き合いの相手の場合は、好みが分からないので何を贈っていいのか分からないことがあります。相手方に喜んでもらえますし、店舗の今後の発展を祝って贈るのにふさわしく、店が華やかな雰囲気になる効果があります。また、店の入り口や外から見える場所にあると、通りかかった人に店が新規にオープンしたことが分かりますので、宣伝の効果があります。事前に最寄りの地域の方向けにチラシを出したり、DMを配って知らせることもできますが、そのような広告を見ずに、開店したことを知らなかった方にも印象づける効果があります。また、通知を見たために行ってみようと考えた方にも、目印の代わりともなりますので、簡単な地図を記載しただけでも場所が分かりやすいでしょう。

贈るのであればどのようなものがふさわしいか

開業のお祝いの花には、大きなスタンドに贈り主の札を付けたもの、かごに盛ったフラワーアレンジメントや鉢植えにメッセージカードを付けたもの等があります。スタンドの場合は、路面店である程度店の前に飾れるスペースがある所が望ましいです。店内に置くには難しい場合があります。フラワーアレンジメントや鉢植えの場合は、小さな物からある程度大きな物があります。テナントなどの店内には、飾るだけのスペースを用意するのが難しいことが考えられますので、あまり大きな物は適していない場合がありますので、分からない場合は棚に載るくらいの物にすると無難でしょう。店内に置くことを想定する場合は、贈った物のせいで商品を汚すことのないように配慮することも考える必要があります。枯れて散ると、店内の掃除も大変になりますので、花屋の方に相談するといいでしょう。

相手に喜んでもらえるようにマナーを守る

お店の開業祝いフラワーアレンジをしたものを贈る場合には、スタンドの場合は札を付けます。相手先の名前は省略し、祝などのお祝いの文言を朱筆で入れて、贈り主の会社や役職、名前を黒字で記載します。誰から贈られたか分かりやすいように贈り主の名前は記載する必要があります。文言は赤で書くと、赤字や火事を連想して、お店の衰退を想像させるので、絶対に書かないようにしましょう。メッセージカードの記載についても同様です。薄墨色は涙で色が薄まったことを連想することから、弔事などで用いられます。濃い黒い文字でメッセージを記入するのがおすすめです。開店の前日までに到着するように開業祝いを手配するのがマナーですが、間に合わなかった場合は、開店の当日以降にフラワーアレンジメントを持参するのがおすすめです。文言は祝御発展とし、お店の繁盛を願って贈るといいでしょう。