開業祝いを大いに盛り上げる花の種類を解説

知り合いや友人が新しく事業を始めて、オフィスや店舗を構える際には、開業祝いに盛大にお花を贈ると良いでしょう。しかし、種類は何でもいいのかというとそういう訳ではありません。そのようなシーンに適した種類というものがありますので、きちんと種類を選んで、なるべく華やかなものを贈るように心がけたいものです。話の種類によっては、失礼になってしまう場合もありますから、そのようなマナーをよく把握しておくことが大切です。また、ただ盛大にすればいいのかというと、そういうわけではありません。自分が相手にとってどのような立場なのかによって、贈る花のグレードが変わってきます。それ以下でも失礼に当たりますし、それ以上でも出過ぎた感じになってしまいますから、その辺りの相場もよく確認しましょう。

大きさや値段の相場などについて

開業祝いの際には、フラワーアレンジメントやスタンドなどの大き目のものを贈ることが多いと思いますが、あらかじめ店舗やオフィスの大きさがどの程度なのかを相手先に確認しておいて、それに適したサイズのものを選ぶのが良いでしょう。金額の相場は、身内や仕事の取引先の場合は10,000円から50,000円、知人、友人の場合はもう少し低めの30,000円くらいまでとされています。届ける時間帯は、ゲンを担ぐという意味では、開業当日の午前中が良いとされていますが、受け取る側の都合もありますから、その辺りも事前によく確認しておけば間違いがなくて良いでしょう。また、ちょっとしたメッセージカードを添えて贈ると、より一層の気持ちが伝わって、受け取った相手も嬉しいのではないでしょうか。

贈るのに適している種類と注意点

また、注意点としては、飲食店など食べ物を扱うような店舗に贈る場合には、においのキツイ種類は食べ物のにおいと混じってしまって良くないですし、ユリのように花粉が落ちやすい種類は、品物が陳列してあるような店舗では、汚らしい印象を与えてしまうので厳禁です。また、店舗やオフィスの色合いによっても、合う色彩が変わってきますから、事前に調べておくと良いかもしれません。また、仏事に用いる菊や赤い色のものも良くありません。赤は家事や赤字決算などを連想させますから、開業祝いの際に贈る場合にはあまり良いイメージを与えないのです。やはり、胡蝶蘭、葉牡丹、カラーなどが、開業祝の際には縁起が良いとして好まれる傾向がありますから、是非とも取り入れてみてはいかがでしょうか。